理念・経営方針

オペレーションで社会を変える

私たちの使命は「オペレーションで社会を変える」こと。

業務を改善するプロセスが現場に定着し、業務オペレーションが磨きあげられ、競争上の優位性にまでなっている状態をつくることを「オペレーショナル・エクセレンス」と呼びます。

オペレーショナル・エクセレンスの状態にある企業の業績は想像以上に変化し、スタッフの働き方や考え方まで変えていきます。
だからこそ私たちが関わったお客様に対して、大きな影響と感動を与えることができます。

わたしたちトリノ・ガーデンは国内外問わず、クライアントの業務オペレーションを磨くことで、どこまで社会を変えられるかに挑戦します。

経営方針

事業方針 Business Policy

人は城、人は石垣、人は堀
 
誰かの苦痛を強いなければ成り立たない事業は事業ではない。
 
売り手・買い手・世間が笑えない事業は行わない。

サービスの方針 Service policy

「その手があったか」と言われるアイデア・経験、
 
「そこまでやるか」と言われる技術・緻密さ・胆力・情熱、
 
「そんなことまで」と言われる企業家精神を発揮し、
 
社会に新たな変化・価値をもたらすオペレーションを創る。

マネジメントの方針 Management Policy

・基本ルールを過剰なほど徹底して実行した人間だけがルール変更提案の権利を有する。
 
・人の2 倍働く能力はないが、2 倍以上の結果は有りえる。
 
・効率化とは、改善とは、生産性向上とは、「複雑な仕事を単純化すること」に尽きる。 
 
・改善のプロセスは、気づきの総質量× 実行数で評価する
 
・「個の強み」を如何にチームに「貢献」できるかに集中する/弱みの克服よりも卓越した強みを持つこと
 
・何をやるかよりも、誰とやるか/人材・組織ありきの事業展開
 
・楽しむ才能 / Make it Fun!!
 
 ※経営・歴史の大先輩方の経験・金言を、トリノ・ガーデンなりの解釈で使用させて頂いています。

内容のご質問や料金体系については是非お気軽にご連絡ください

 

ご相談無料

0120-989-179

平日10:00~18:00

03_06_icon_mail メールでのお問い合わせはこちらから