業務効率化手法

性悪説×行動心理学に基づくオペレーション設計

業務の効率化を率先して行うスタッフは稀有で、ほとんどは、同じ業務を安定的に平穏に行いたいというスタッフが多いものです。
つまり、業務効率開演の手法として、現場スタッフが「安定したい」「変化したくない」「平穏でいたい」という心理を理解したうえで、現場の意思や改善マインドに依存しないアプローチが必要です。
しかし、いきなり大きなオペレーション改善を行ってしまうと、ハレーションが生じてしまいますので、「小さな行動=小さな成功体験」を積み重ねることにより業務改善のオペレーションを徐々に大きなうねりとしていいます。

Business people discussing in a meeting room

現場の気づきを促進するアプローチ

どのオペレーションを重点的に改善すべきかを明確にした後は、
オペレーションを指導するのではなく、現場スタッフが「もっとこうしたらよいのでは」という気づきを促進するような投げ掛け・アプローチを行います。

最終は、現場が自走型するまでランディング

トリノ・ガーデンでは、一時の改善では意味がないと考えており、継続してオペレーションを磨き続ける組織、すなわちオペレーションナルエクセレンスとなる状況までランディングさせることを使命としています。

業務効率化による生産性向上を
よく知るためのコンテンツ

内容のご質問や料金体系については是非お気軽にご連絡ください

 
ご相談無料

0120-989-179

平日10:00~18:00

03_06_icon_mail メールでのお問い合わせはこちらから