第4話:人間不信のマニュアル2

「人間なんて、いると思いますか?」

また…この男は妙なことを言い出す。

「いるんじゃ…ないですか」

間の抜けた答えだ。しかし、藤沢には回答が見つからない。

なんと答えればよいのか…。

「そうじゃなければ、私や上山さんは一体なんでしょう」

どうにかして上山を止めなければ。従業員を秒単位で管理する?こんなふざけたマニュアルを実施されたら、この工場の離職者は爆発的に増えるだろう。異物混入0どころか工場の存続も危うい。

6985a86ab281d2d73642e5e48f237dae_d7a3046bd7f9aabd1cc79362ad6d4335

「どうだと人間ですか?手がついていればよいのでしょうか?目鼻があれば?二本足で立っていれば人間ですか?」

困った人だ。雑談に付き合っている暇などない。包装機が動き出す前に説得しなければ…。作動音で話をすることも難しくなる。

「従業員は機械ではないと仰いましたね…藤沢さん」

「ええ…はい」

「そのとおりです」

「え?」

「従業員は人間です」

「…では、わかりますよね?こんな非人間的なマニュアルを実施することは不可能です」

「私には…現行のマニュアルのほうが非人間的に感じますが」

秒単位で人間を支配するマニュアルが人間的?自分の発想と真っ逆さまの回答に、藤沢の思考はストップする。

「上海に進出する外食チェーンの…オペレーション構築を担当したことがあります」

本当に雑談を始める気だろうか…。藤沢は時計を確認する。包装機が動き始めるまで5分ちょい。

「中国人のウェイターは、実に色々な地方から出稼ぎに来ていましてね…」

早く上山を止めなければ…。中国のレストランの話などどうでもよい。

「コップの置き方ひとつ、決められた通りに出来ないんです。『やさしく、丁寧に置く』ことができない」

「あの…」

「『やさしく、丁寧に置く』…日本人なら、簡単にできますよね?これ、置いてみてください」

上山は作業台のノートパソコンを藤沢に押し付けてくる。

「え…ええ」

藤沢は、ゆっくり丁寧にパソコンを作業台に戻した。

「さすがは日本人」

馬鹿にされているような気がして、藤沢は眉間にしわを寄せた。

「それとマニュアルの件と、一体なんの…」

「中国人は、これができないんです。彼らには『やさしく、丁寧に』という合意がない。あの広い国土に共通するコンセンサスがない。なにが『やさしく、丁寧』かは地方によって異なるし…『やさしく、丁寧に』したことがない人々もいる」

「つまり、よほど奴隷を管理するように詳細なマニュアルを作るしかないと…」

「失礼ながら、まったく違います」

藤沢は腕時計を見た。あと4分…この話はいつまで続くのか。

「まず一人一人、別のマニュアルを作りました」

「一人一人!?」

「そのほうが人間的だと思いませんか?画に描いたような典型的な人間などいません。ある作業が苦手な人間もいれば、得意な人間もいる。私と藤沢さんも同じ人間だと思っているだけで、実はぜんぜん別の生き物です」

「しかし…従業員ごとに別のマニュアルなんて…」

「しかし…従業員ごとに別のマニュアルなんて…」

上山は構わず続ける。

「そしてウェイターが熟練し、従業員に共通の有効な指示方法を見つけるたびに、マニュアルを改善・統合していきました。すると、究極の一行にたどり着いた」

あらかじめ上山の用意した結論に導かれていることを感じつつ、結局は彼の話に引き込まれてしまう。藤沢は自分の人の良さに苦笑いする。

「究極の一行?」

「『コップの下に小指を入れる』」

4c864167eef04fce43e0edc19157286e_c26bb86ab0b6080246fd083f39a66e6f

「…?」

「究極の一行です。誰にでも理解できる。どんな地方の出身者でも、しつけの行き届かない家庭に育ったものでも、こうすれば乱暴に水をサーブすることはできません」

「なるほど」

「マニュアルにこの文言を入れた途端に、ガチャガチャドンドン騒がしかったホールは、高級レストランのように静まりました」

「たったそれだけのことで…」

「逆にこの一行に、無数の試行と改善の結果が詰まっています。この文言にたどりつく過程で、マニュアルは現地の誰もが理解できる内容に洗練されたのです」

「…この工場でもそれを?」

「やります」

「しかし…それは、とても時間のかかることではありませんか?」

「そんなことはありませんよ。なにしろこの工場で働いているのは、世界でも冠たる優秀な労働力、日本人です。この工場は間もなくオペレーショナル・エクセレンスに達するでしょう」

オペレーショナル・エクセレンス…最初に聞いたのは、確かKawaii堂パークの会議室…。

「栃木工場は他社との競合において、かなり優位な状態に立てるようになるでしょう。それは衛生管理だけではありません。生産性においても、採算性においても」

「そんな…工場の存続を危ぶんでいるときに…夢みたいな…」

「ただ…その状態を維持するには、不断の試行錯誤とマニュアルの改善が要求されます。私は永久にこの工場に貼りついていることはできませんので…」

「一過性の改善では困ります。永続的に異物混入0を維持して頂かないと」

「あなたがやって下さい」

「え…」

「あなたが、この工場のオペレーショナル・エクセレンスを維持するのです」

休憩終了のアラームが鳴る。包装機が轟音をあげて動き出す。

「わたしが…」

上山はうなずくとノートパソコンを手に取り、やさしく藤沢に手渡した。

9b14075455fe378ee8b0152aba0aecbc_28ef3f7c70bab4c7546784395268c316

定例会議…藤沢の胃はキリキリと痛い。案の定、各工程の責任者は上山のマニュアルを猛烈に拒絶した。

「これ、できるよ…全工程に専用のマシンを導入すれば」

「なにこれ…倉庫まで32歩って…」

「このマニュアルさ…現場に持ってく俺たちの身にもなってよ」

「また、若いの辞めちゃうな…」

「粘着ローラー30分ごとに使用って…仕事になんないよ」

「労基署とか、問題ないんすか?これ…」

「いいよ…こんなならKawaii堂と手ぇ切りましょうよ」

「カフェ・レストランツさんはどう思ってるんですか?こういうマニュアルを工場に押し付けることに関して」

藤沢が横目で上山を見る。上山は、最初の会議のときと同じく黙って資料を眺めている。

「社長!社長のお考えを聞かせてください!」

議場の視線が、宇都宮パティスリーの社長に集中する。

「…やってみようか」

議場が静まる。

鶴の一声だ。宇都宮パティスリーにおいて、社長の決断は絶対の重みを持っている。藤沢は青い顔のまま、小さなため息をつく。

*********************************************************************

【ハニー・モンスター】

全工程終了後の異物混入率 前月比 0.11パーセント

前月比、約…900分の1!

*********************************************************************

3f349e2d6212fe35fc64223d435f27d5_64c12397a07cf22d30c91392663c941b

上山と宇都宮の社長は、同じ資料の同じ場所をにらんでいる。

藤沢と上山、社長の三人しか持っていない秘密の資料。藤沢は議場の全員に配ることを主張したが、上山が拒否したのだ。

「こんなところで、油断をされてはかないませんから」

苦情の矢面に立つ俺の身にもなってくれ…。苦々しく思いながらも、藤沢の目の奥は笑っている。

異物混入率、前月比1000分の1まであと一歩。

まわりに悟られないようにして、上山も口の端で小さく笑った。

内容のご質問や料金体系については是非お気軽にご連絡ください

 
ご相談無料

0120-989-179

平日10:00~18:00

03_06_icon_mail メールでのお問い合わせはこちらから