第5話:神のオペレーション

「ありがとうございます!」

工場内に藤沢の声が響き渡る。

4d9793b28b6101606054ca5f44e1df10_e969f55ca4ba6639cddf22abd420138c

包装機の作業者が振り返るくらいだから、よほどの大声だ。誰もいない空間に向かって頭を下げていた藤沢は、急に恥ずかしくなって工場の外へ歩き出す。

「やっぱりあれが効いたと思うんだ、異物混入率…新オペレーション導入前との比較で…えーと、1942分の1」

電話口の西脇の声も明るい。

栃木工場は改善前と比べて、およそ2000分の1程度にまで異物混入率を下げていた。約30年に1個という超低確率である。

「会議室でも笑いなんか起きちゃってさ…会長なんか『もう、ゼロと一緒だよね』なんて言ってたから」

「でもまあ…結局のところ理論値なんですよ」

「いやいや、ご謙遜。私も安心したよ」

…理論値なのだ。2ヶ月前から、ハニーモンスターの生産ラインでは異物混入商品はひとつも発見されなくなった。この結果を公表すると、工場の従業員はみな万歳せんばかりに大喜びした。

しかし、藤沢だけは一人悩んでいた。『発生しない』異物の発生率を、前月比で何パーセント減と表現したらよいのか?異物発生ゼロと言い切ってよいはずがない。来月1個現れるかもしれないし、2年後に1個現れるかもしれない。30年後かもしれない。

神ならぬ人間のすることだ。永久に異物混入品が現れない保障などどこにもない。その一方で、Kawaii堂には納得してもらわなければならない。異物混入品が市場に出回る確率は、限りなくゼロであると。確たる根拠に基づいた数値を提示しなければ…。

結局、個々のワークセンターを試運転して評価した。

残業を強いられた従業員は不満顔だったが仕方ない。各工程、月に3回程度の計測。改善といっても限界があるから、異物混入の確率はある一定の値に収束してゆく。ある工程では、新オペレーション導入前の約3分の1が限界であったり、またある工程では4分の1であったりした。

ここから導き出された全工程終了後の異物混入率。新オペレーション導入前との比較で1942分の1。

「はい…はい…失礼します!」

藤沢はまた誰もいない空間に頭を下げると、工場用に支給されたガラケーをパチンとたたんだ。社長室の前に立つ。

深呼吸してドアを開けると、宇都宮の社長を正面に、各ワークセンター責任者と上山らが集められていた。みな、固唾を飲んで藤沢を見守っている。

「ハニーモンスターの生産ライセンス、継続が決定しました!」

歓声が上がる。抱き合っている者もいる。

9b8140a5473cb152812c6bbc5f87585a_8bdc2d7f8aa7ad362458f6b8c6c00a27

上山に歩み寄り、藤沢は頭を下げた。

「上山さん、ありがとう。あなたのおかげだ」

「いや、藤沢さん…これからですよ、大変なのは」

藤沢は顔を引きつらせる。

「勘弁してくださいよ、少なくとも…もうしばらくは」

はじめて声をあげて、上山が笑った。

夜は工場内の食堂に集まって、盛大な慰労会となった。従業員の家族も呼ばれ、用意された瓶ビールが飛ぶように消えていく。

53893478103946defe49a19217754d95_23a6b9793ab48108c235e59792c709f0

「良かったよ、残念会にならなくて」

厨房のおばちゃんが銀歯を見せて笑う。

藤沢と上山の周りには人だかりができた。従業員と家族たちがひっきりなしにお礼を述べ、握手を求めてくる。コップが空きそうになると次々とビールを注がれ、酒に弱い藤沢は少々辟易した。

上山のやり方を一番ネチネチと批判していたワークセンター長が、その上山の手をとり泣いて感謝している。藤沢はつい笑ってしまう。

人ごみを縫って、上山が藤沢に近づいてきた。

「藤沢さん」

「あ、はい」

「明日、東京に戻ります」

「え・・・」

「え…」

藤沢は一瞬、耳を疑った。そんな急に…慰労会の真っ最中に…。

「いや…そりゃ…ちょっと困りますよ」

「並行して他のプロジェクトも抱えていまして…Kawaii堂様とは異物混入ゼロを達成した時点で、業務終了という契約になっておりましたので」

引き継ぎは?後任の責任者は?第一…今後、どうしたらいいのか?

上山は食堂を見渡した。従業員たちは美味しそうに酒を飲み、笑い合う。その顔は達成感と自信に満ちあふれている。

「この工場はオペレーショナル・エクセレンスに達しました」

他社に対する競争力と優位性の獲得…藤沢は驚いたことがある。

この数ヶ月、工場内の仕掛かりや在庫、月々の売り上げ、さまざまな指標などを上山に言われるがままにチェックしてきた。藤沢と上山がこの工場の改善に着手してから…特にあの非人間的な業務マニュアルを実施に移してから…工場の負債は減り、出荷数が明らかに伸びていた。

機械か奴隷のように従業員を使役しているのだから、当然だ。藤沢は最初そう思った。

しかし、手数の増えた従業員たちは、むしろ以前よりも落ち着いて仕事をしているように見える。一個一個の工程が確実に終了し、よどみなく次の工程に引き渡される。ロスもなければイレギュラーもない。仕事のペースを乱されることもなく、無用なストレスもない。まるで適度に油をさされたいくつもの歯車が、音もなくかみ合って回っているかのような…。

ひとつの精密機械となった工場は、悩むことも急ぐこともない。ただ静謐に運転を続ける。

98fad5146f24977353c0dbc0cee2ed0b_d8bb8a4900fa3595eb4af8bdc03b3f5f

「とりあえずは、この状態を維持すればよいでしょう。ただ、それはとても難しいことです」

「そりゃそうですよ、この状態は薄氷の上に保たれているんですよ。遊びなく緻密に組まれた工程ですから、ひとつのトラブルが一瞬で連鎖します」

「そうですね、一瞬でガタガタだ」

「ハンドル操作を数ミリ誤っただけでカッ飛んでいく。F−1マシンみたいなもんですよ。誰でも運転できるもんじゃない」

「いや、できますよ」

「誰が」

「あなたが」

「…」

「あなたならできます」

前にも同じようなことを言われた。できるものか…藤沢はそう思う。前よりもいっそう自信がない。これほど圧倒的な仕事をされては…。

「この数ヶ月で、藤沢さんに伝えるべきことはすべて伝えさせて頂きました。あとはOJTしかありません」

「自信…ないですね」

「私も永久にこの工場にいられるわけではありません。そして残念ながら…Kawaii堂、カフェレストランツ、宇都宮パティスリーを通じて…この業務に堪えうる経験と知識を持つ人物は、藤沢さん、あなただけです」

そうなのかな…と、少しだけ藤沢は思ってしまう。いかん、また貧乏くじを引くハメになる。上山はハナシがうまい。

「せっかくここまで漕ぎつけた工場が…あなたの決断いかんで元の黙阿弥です」

「そんな…私には無理です」

「ひとつさ…藤沢さん」

思わぬところから声がかかる。宇都宮パティスリーの社長が、横でニコニコとビールを飲んでいる。

「社長…」

「藤沢さんさ、ひとつ…やってくんねえかな」

社長が頭をさげる。

「やめて下さい、社長」

従業員たちが藤沢を取り囲むように集まってきた。

「できる限りサポートするよ」

「なあ、残ってくれるんだろ、藤沢さんよ」

「いやぁ、嫌とは言わないよ…そういう人じゃないもん」

従業員たちも順々に頭を下げた。泣きそうになってしまう。あー…これはもう逃げられない。藤沢は眉を下げてため息をつく。しばらくは東京に戻れないな。

「じゃ、あの…社の許しが出れば」

歓声と拍手が上がる。上山が藤沢に握手を求める。

bccdbde9c965407c7c8ba446342703ab_a848ee510cb424e17c7067f3981dec2c

「神様になって下さい」

「え?」

「この工場の神様に」

…どういう意味なんだろう。最後の最後まで宿題を負わされた気がしたが、すぐに問い返すことはしない。困っても、もう上山に尋ねることはできないのだ。

藤沢は微笑んで、上山の手をぐっと握り返す。

困難を笑って、鷹揚に受け入れる余裕が藤沢にも生まれていた。

翌日、上山は岐阜を発った。そして、藤沢の宇都宮パティスリー出向が引き続き認められた。

内容のご質問や料金体系については是非お気軽にご連絡ください

 
ご相談無料

0120-989-179

平日10:00~18:00

03_06_icon_mail メールでのお問い合わせはこちらから