第1話:サムライトーキョー

7d5b20c7a0bd32a49fd7dd029d017e6a_91d05d20879f6f10cb3017ec279eaf8e

「入店待ちが外階段を飛び出すまで間もなくです!」

鎧武者が近づいてきて、八幡に耳打ちする。

「三番テーブル、動く気配は」

「ありません」

「粘るな」

「最後尾、百五十分待ちにて」

「よし、建物を取り囲むように列を伸ばせ。ビルの入り口は塞ぐな。一階の店舗にはそれがしから謝っておく」

「御意!」

鎧武者が走り去っていく。

「ふう…しんどい」

兜の中が蒸れてかゆい。侍が頭の真ん中で、髪を剃り上げていた理由がわかる。

暑さで朦朧とする意識を奮いおこし、八幡は視線を持ち上げる。

土俵の上に茶室が建っていて、にじり口に鎧武者が上半身を突っ込んでいた。対面にはロフト席があり、天守閣を意識した唐破風の屋根が付いている。中華風の格子がはまった丸窓を破ってロフトから忍者が飛び降り、カンフーを決めてオーダーを叫ぶ。

「生ツー、枝豆ワン、鳥の唐揚げワン所望なり!」

キッチンに立つ数名の板前から御意!という声が上がる。

サムライトーキョー…外国人が選ぶ日本の観光スポット第9位に輝いたレストラン。アメリカで成功したカートゥーン作家トーゴー・クロサワが、『欧米人が見たい日本』をコンセプトに開業してこちらも大成功。売り上げはここ数年で急激に伸び、月商三千五百万円に届かんとしていた。

f569424653c2125d1154c2f78c9bd99a_cce56ade8ea017a8f6eaa1ecd2b65808

トリノ・ガーデン株式会社は、オープン当初からこの店のオペレーション構築に深く関わり運営を任されていた。八幡はトリノ・ガーデンの社員である。本社から精鋭を引き連れ、ホール・チーフとして出向していた。

サムライトーキョーは、トリノ・ガーデンの貢献によって飛躍的に生産性を高めたモデルケースである。トリノ・ガーデンとしても運営に力を入れており、その姿勢をオーナーも高く評価していた。蜜月関係といってよい、良好な関係が続いていたのだ。…ここ最近までは。

にじり口から上半身を引き抜いた鎧武者が、兜に仕込まれたインカムにまくしたてる。

「八幡殿、手が足りません」

「またか」

「三階二十番テーブル、バッシングをお願い申す」

「分かったでそーろう」

三階に向かって走りだす八幡。インカム越しに笑われる。

「やっぱ下手ですね、しゃべり」

「仕方ないよ。俺、役者じゃないし」

店内には徹底したマニュアルが敷かれていた。ホールで現代語を話すことは禁止。業務連絡も、すべて時代劇のような侍言葉だ。

もっともこの点に関しては、指導にあたるはずの八幡が従業員のなかでは一番の不得意だった。だからお客様に聞かれない状況では、バイトが普通に喋ることも大目に見ていた。

実際、この特殊な言語環境に馴染むには、適性のある者でも相当な時間がかかる。八幡がこうした緩和策を導入するまでは、オーダーミスが多発していた。マニュアルを杓子定規に運用することだけがオペレーションではない。

四階から三階への階段を降りる。三階は少し前に新設されたホールだ。もともとは四階だけの店だった。

レプリカとはいえ、重たい鎧兜をつけて階段を上り下りするのはかなりの重労働だ。疲労と暑さに、また頭がぼんやりとし始める。踊り場でターンすると、階段を上ってくる鎧武者数人とすれ違う。ステップでかわす。と、その後から続いてくるお帰りのお客様が数名。壁にはりついて頭を下げる。鼻の頭から、ポタポタと汗が流れ落ちた。

生簀にかかった川床を渡る。外国からの団体様が釣りをしていた。釣った魚は、ゴシック風コスチュームのメイドが、その場で捌いてスシにしてくれる。

巨大な仏の掌の上に設置された二十番テーブルに着く。皿をまとめてトレーに乗せ、卓上を拭く。これをまた四階に運んで完了。この皿下げの過程がバッシングである。三階にホールが新設されてからは、特につらい仕事になった。

食器を抱えて再び階段を上がり、洗い場に放り込む。ため息をつく。しゃがみ込んでしまいたいが、お客様の目もあるからそういうわけにいかない。

会計の前には行列ができている。今度はあっちをなんとかしなきゃ…。

「八幡殿」

インカムから呼び出しがかかる。

「なんでござろう」

「オーナーがお呼びです」

「えー…」

八幡はげっそりとした。オーナー室は三階である。

99e534df870036bec6a6118d8df5b5fa_eb059b38c571e9c0acf126fbb55d8f63

「お呼びでしょうか」

オーナー室に一歩入ると、ホールの喧騒はほとんど聞こえなくなった。そこは青山か代官山あたりのカフェのようで、適度に空調が効き、サーバーから自由にコーヒーが飲める。ドリップした豆の良い匂いがする。

ホール拡張とともに新設されたこの区画は、店舗とは別世界だった。オーナーの机の上には、サムライやニンジャなどクロサワ・ヒーローズのフィギュアが並んでいる。

オーナーのクロサワは、しばらくムッツリと黙って口を開かない。傍には気の強うそうな中年の女性が、まなじりを釣り上げて立っていた。大貫部長だ。

汗だくの鎧武者の自分が恥ずかしくなって、八幡は兜を脱いだ。

「一階の店舗からね…八幡さん」

クロサワはイラつく自分をなだめるように、ゆっくりと口を開く。

「クレームが来ちゃってるんだよ」

「クレーム?」

「塞いじゃってるんだって、ショップの入り口を…ウチの入店待ちが」

ビルの入り口は空けておくように指示したはず…。

「誰もいなかったんですって」

大貫がイライラと話し出す。

「行列に係がついてなかったのよ」

「え…」

そんなはずはない。行列の末尾にスタッフをつけていたはずだ。

「それよりさ…八幡さん」

再びクロサワが話し出す。

「これじゃ何のために店舗拡大したのかわかんないよ」

「え…あ、はあ」

「いつまでたっても入店待ちが無くならないからさ、このままじゃマズイと思って三階まで店を拡げたんじゃないか」

別にウチが頼んだわけじゃ…。

喉元まで出かかった言葉を、八幡は飲み込んだ。

「ところがどうですか。むしろ前よりも行列伸びちゃってますよ…ねえ、大貫ちゃん」

「こちらとしては、やるだけのことをしました。あとは店の運営を任せているおたくの責任だと思うんだけど、どう?」

ウチの責任?

…反論する言葉が見つからない。

確かに、トリノ・ガーデンは店のオペレーション構築から運営までを請け負っている。結果、店の外まで入店待ちが伸びてしまったことに関してはウチの責任なのだろう。

しかし…何故だ。

この店のホールがまだ四階までしかなかった頃、すでに入店待ち行列は発生していた。八幡はオペレーションを改善し、回転率の向上に努めた。さらに順番予約の発券システムも導入し、入店待ちのお客様をビルの外に回遊させることに成功した。その甲斐あって行列は解消し始めていたのに…。

トドメとばかりオーナーが三階ホールを増設した。その途端、また行列が伸びはじめた。

…本当にウチの責任なのか。

頭の隅にそんな言葉がよぎり、八幡は必死にそれを打ち消した。

「たるんでるんじゃないの?」

「…いえ…そのような…」

「店からお客様があふれてる。ホールを広げた。収容できるお客様の数が増える。だから、今まで以上に売り上げが伸びなきゃおかしい…そうよね?」

「…はい」

「おたくに言われるまま従業員も増やしたわね」

「…そうですね」

「それが、月商三千五百万円を目前に足踏み…これ、どういうこと?おたくがちんたら仕事してるのが原因じゃないの?」

「申しわけございません」

八幡が深々と頭を下げる。

大貫がますます腹を立てるのがわかった。彼女は簡単に謝る人間が嫌いなのだ。

「このままじゃ、おたくに店を任せておくことはできないわね」

「え」

吐き捨てた大貫は、怒りを鎮めるようにコーヒーを口に含む。

243b691fc21d4edd1506c3a39fa926d7_c1358ee7ab1dcd3c4c3d2ca927960be5

「三ヶ月で解消してちょうだい」

「三ヶ月?」

「次の契約更新までちょうど三ヶ月。それまでに入店待ち行列を解消できなければ、おたくとの契約更新はないからそのつもりで」

八幡はとぼとぼとオーナー室を出てきた。兜をかぶりなおし、ストライプのオシャレなリノリウム床を歩く。何でこうなってしまったのか…。

数ヶ月前までは解消を始めていた行列が…フロアを拡大した途端に…なぜ。

ホールに戻ると、和太鼓が轟いている。中世の戦場のように法螺貝が鳴る。

オーナー室とのあまりの落差に、八幡は適応することができない。

四階に戻ると、入店待ち行列の末尾についていたはずスタッフがレジ打ちをしていた。

呼び戻されたんだな…。

和太鼓の轟音に紛れて、食器が割れる音が頻繁に聞こえる。鎧武者が急ぎ足で行き交い、どの顔もみな緊張している。本当は走り出したいはずだ。エントランスの液晶モニターは、入店三時間待ちを表示していた。店全体に余裕がない。人手が足りない。座席数や店の規模を考えても、十分な数のスタッフを集めているはずなのに…。

「これは…あの人を呼ぶしかないな」

気は進まないが、八幡はある人物を呼ぶ決心をした。

身の危険を感じながら…。

60a2f9c4197c5ffe4ef01e96baeb424b_2a3a327543927d6f5c32fbaff29ce5b7

数日後、スーツ姿の男が開店前のサムライトーキョーを訪ねてきた。

男は少しだけ口角が上がっていて、常に微笑んでいるように見える。

八幡が出迎えた。意気消沈した八幡の顔を見て、男はポンと肩を叩く。

男はオーナー室に入ると深々と頭を下げた。

「お待ちしてましたよ…上山さん」

眉間にしわを寄せた渋い表情で、クロサワは男を招き入れる。

上山と呼ばれた男は顔を上げると、恐縮しながらソファーに座る。

「このたびは…」といってまた頭を下げ、隣に座る八幡の頭も強く押し下げた。

始まったぞ…。

上山に頭を強く押さえつけられながら、八幡は心の中でそうつぶやいた。

内容のご質問や料金体系については是非お気軽にご連絡ください

 
ご相談無料

0120-989-179

平日10:00~18:00

03_06_icon_mail メールでのお問い合わせはこちらから