飲食店の売上をあげるオペレーション

客数をあげるオペレーション

人がお腹が空くタイミングや、食事をしたい時間帯は同じですので、人が来ない時間帯や曜日に、外部から集客することは大きなエネルギーが必要です。
一方で、店舗オペレーション研究所の飲食店の売上をあげるオペレーションの1つは、まずはお客様が来ている時間帯に、よりたくさんのお客様に来て頂ける状態を作ることです。
ピーク時の客数を増やすためには、ピーク時の席稼働を1秒でも無駄なく稼働させることと、オーダーテイクや提供速度などお店側でコントロール出来る時間の短縮化があげられます。

Staff

客単価をあげるオペレーション

居酒屋やレストランなどでの客単価をどのように上げるのかについては、
一見、「水のリフィールや、追加オーダー、おかわり伺い、灰皿交換などのサービス力の側面」が強いと思われますが、科学的なオペレーションという視点でいうと、「各テーブルに従業員が何回タッチするか(接点を持つか)により、客単価は変化する」という統計データがあります。

接客ストーリーの中に、何回タッチするかというオペレーションを組み込み、
タッチ回数を継続的に定量的な指標として掲げ、測定、フィードバックすることで客単価は変化していきます。

飲食店・レストランオペレーション改善を
よく知るためのコンテンツ

内容のご質問や料金体系については是非お気軽にご連絡ください

 
ご相談無料

0120-989-179

平日10:00~18:00

03_06_icon_mail メールでのお問い合わせはこちらから