オペレーションとオペレーショナル・エクセレンス

そもそもオペレーションとは何か

オペレーショナル・エクセレンスについて理解する前に、そもそもオペレーションという言葉自体が非常に広範囲に使われており、その意味や定義を理解する必要があります。

オペレーション(Operation)とは一般的な意味では機械類の運転や操作のことをさします。また、金融などでは中央銀行が行う証券売買による市場操作のことをオペレーションとよんでいます。病院で手術を意味するオペもオペレーションの略語です。
つまり企業をはじめさまざまなシーンで非常に広範囲にわたって使われる言葉がオペレーションなのです。
ですから企業活動として考える場合は、人の働き方や業務の流れ、繋がりといった全てを指す言葉になります。

オペレーショナル・エクセレンスとは

それではオペレーショナル・エクセレンスとはどのような意味でしょうか。
オペレーショナル・エクセレンスとは「オペレーション(現場の業務遂行力)が、競争上の優位性を持つまで徹底的に磨き上げている状態」を指します。

オペレーショナル・エクセレンスを確立した企業では、常により良いオペレーションを追求しようという考え方が現場の末端まで浸透しており、継続的にオペレーションを進化させようとする仕組みができています。
実現している企業の例を挙げると、トヨタやセブンイレブン、GEなどが挙げられます。 

オペレーショナル・エクセレンスを
よく知るためのコンテンツ

内容のご質問や料金体系については是非お気軽にご連絡ください

 
ご相談無料

0120-989-179

平日10:00~18:00

03_06_icon_mail メールでのお問い合わせはこちらから