オペレーショナル・エクセレンスの特色

オペレーショナル・エクセレンスの特色は

オペレーショナル・エクセレンスは生産や販売などの現場が組織能力を向上させることにより、QCD(品質、コスト、スピード)における高い優位性を実現し、競合企業に勝つことを目指しています。
革新的な製品の投入により顧客支持の獲得を狙うという方策だけに頼るのではなく、
例えばトヨタ自動車のカイゼンのように、現場主導の業務改善を積み重ねることで持続的な成果を実現することが目的です。

automated production line in modern dairy factory

組織の業務遂行能力のレベルアップには時間がかかるものの、一度競合との差をつけることができれば、製品とは異なり模倣が困難なため、常に競合よりも優位性を築きやすいといえます。
ただし、「急がば回れ」という発想が重要で、オペレーショナル・エクセレンス構築の取り組みには中長期的な取り組みが必要となります。

オペレーショナル・エクセレンスを実現している企業の特徴は?

それではオペレーショナル・エクセレンスを実現している企業にはどのような特徴があるのでしょう。
オペレーショナル・エクセレンスは現場主導の業務改善の積み重ねによるオペレーションの効率向上ですので、それを実現している会社は全社を通して課題解決のための方法論やフローが構築されています。つまり業務改善のシステム化(マニュアル化)ができているのです。

オペレーショナル・エクセレンスを実現している企業の主な特徴

・顧客や市場に対し、きめ細やかな対応をする業務運営
・マーケティング・企画から開発、調達、生産、営業・販売、物流まで一貫した業務運営
・組織内の風通しがよく、改善の風土が根付いている
・継続的に問題を把握し、改善や改革へフィードバックする仕組みが機能している
・従業員や経営層が学習熱心で外部の話に耳を傾けている
・取り入れるべきことは企業に合うように自ら咀嚼して取り入れている

内容のご質問や料金体系については是非お気軽にご連絡ください

 
ご相談無料

0120-989-179

平日10:00~18:00

03_06_icon_mail メールでのお問い合わせはこちらから