オペレーショナル・エクセレンスについて

オペレーショナル・エクセレンスとはオペレーション(現場の業務遂行力)が、競争上の優位性を持つまで徹底的に磨き上げている状態のことを指します。
オペレーショナル・エクセレンスという概念はCSCインデックス社の経営コンサルタント、マイケル・トレーシーとフレッド・ウィアセーマが、1995年に「ナンバーワン企業の法則」の中で提唱し、競合に勝つための非常に重要な経営の要素としています。
例えばトヨタ自動車のジャストインタイム生産システムや昨今のアマゾンやセブン-イレブンの流通革命等、オペレーションの優劣が企業の優劣に繋がることを感じるケースが増えているのではないでしょうか。
ここではオペレーショナル・エクセレンスについて、事例紹介も含めできるだけわかりやすく解説していきます。

オペレーショナル・エクセレンス事例紹介

オペレーショナル・エクセレンスを構築している企業は多数あります。
ここでは日本や世界におけるオペレーショナル・エクセレンス事例を紹介していきます。

内容のご質問や料金体系については是非お気軽にご連絡ください

 

料金体系について

設置エリアの広さや設置済みWi-Fi の有無など状況によって価格が異なりますので、まずは下記よりお問い合わせください。

ご相談無料

0120-989-179

平日10:00~18:00

03_06_icon_mail メールでのお問い合わせはこちらから