業務効率化による生産性向上

最少人数で、最大限の成果を出す為の仕掛け
常駐型で早期に業務改善!

業務効率化による生産性向上サービスは、少人数かつより短期間で成果を出すために、常駐型(スタッフが現場へ入り込ん)で、現場の業務を棚卸しし、1つ1つの業務の目的・パフォーマンス・投下リソースを定義し、どこを改善すべきかのポイントを抽出します。

4つの視点&4つのフレームワーク
 

4falme

パフォーマンスに最も作用するボトルネックを抽出、徹底改善

IMG_0488

業務効率化による生産性向上で実現します

営業に集中できる営業・管理オペレーションで営業稼働アップ&残業時間減!
チェックオペレーションの見直しにより、事故・ミスを未然に防ぐ!
毎日のように現場から「人が足りない」と言われる状況を打破し、 離職がストップ!

事業の拡大・成長のスピードに、人材の成長スピードが追い付いていない状況を、オペレーションの作り込みで解消!
会社への貢献意欲が低く、モチベーションの低い熟練スタッフがKPI達成に熱中!

トリノ・ガーデンの
業務効率化による生産性向上サービスが
選ばれる3つのポイント

1.オペレーションを分解&集中投下すべき指標(KPI)が整理できる

例えばこんなことが可能 動作要素ごとにムリ・ムダを抽出し、どこを改善すべきか、どこを改善すべきでないかのロジックツリーを作成し、全体のパフォーマンスへの影響力の大きい要素(=ボトルネック)を徹底改善

2.現場のレベルに応じたアプローチのため、ハレーションが少ない

例えばこんなことが可能 組織を構成するスタッフのマインド・スキルレベルの診断により、どのレベルの難易度から業務改善が出来るかを診断
段階的な成功体験により、徐々に大きな目標へのアプローチを行う

3.営業から製造、商品供給の裏方(プロビ)まで幅広い経験

例えばこんなことが可能 コールセンターの営業効率最大化
申込後から商品供給までのリードタイム・工数削減
製造工場の異物混入防止、検品オペレーションの効率化

業務効率化による生産性向上
サービスの事例紹介

IMG_0488

業務改善コンサル事例:3500人で月360件必要な業務を、15人で月2,840件まで業務改善

中小企業向けサービスを展開するA社は、自社の既存取引先を囲い込むために、取引額に応じてポイントを還元・交換できる会員サービスを設立し、約7万…

業務効率化による生産性向上を
よく知るためのコンテンツ

内容のご質問や料金体系については是非お気軽にご連絡ください

 

ご相談無料

0120-989-179

平日10:00~18:00

03_06_icon_mail メールでのお問い合わせはこちらから