動線調査

これまでの動線調査、これからの動線調査

これまで人がたくさん集まるような大規模施設や、物流(ロジスティクス)などの現場で動線調査することがありましたが、飲食店のような小規模店舗でなぜ動線調査が浸透してこなかったかというと、「動線調査」を行うために必要なコストに対して、動線調査から得られた結果と改善策によって生み出される成果が見合わなかったからと言えます。

具体的には、定義した動線間に移動した対象(人や荷物・車両など)をカウントする調査で、路上でカチカチとカウンターで計測しているのも通行料という動線調査の1つですが、計測する場所と時間に比例して人工(=人件費)が掛かってしまう特性があります。もちろん、人を介しての動線調査では、アルバイトを雇用しての調査だったり、多少の誤差もあります。

4

一方で、Flow-Cockpitは、Wi-Fiのセンサーを使うことで、こちらも100%のデータではないにしろ、人を介しての動線調査でかかっていたコストよりも、数段に安価で、かつ、同時に24時間365日動線調査を行うことが可能となりました。

また、これまでは、単発的な動線調査で「現状把握」目的が多かったのですが、Flow-cockpitは、継続して「推移」を測定できる特性ゆえ、オペレーションの改善前・後の効果測定は勿論のこと、異常値や、平均値をより早期に見つけることが出来る経営判断の情報として活用できます。

動線分析をよく知るためのコンテンツ

内容のご質問や料金体系については是非お気軽にご連絡ください

 

料金体系について

設置エリアの広さや設置済みWi-Fi の有無など状況によって価格が異なりますので、まずは下記よりお問い合わせください。

ご相談無料

0120-989-179

平日10:00~18:00

03_06_icon_mail メールでのお問い合わせはこちらから