動線計画

優れた動線計画とは

平面図で、人や物の流れを指し示し、如何に効率よく、スムーズに人や物が流れるのかという配置・レイアウトを検討するのが動線計画といいます。
動線計画には、現場をじっくりと見て、どのようにしたらスムーズに流れるかに気づく「観察力」と、もしレイアウトを変更したら流れがどのように変わるのだろうかを想像する「イマジネーション力」が必要です。

水は、「重力」が作用し、常に上から下に流れるという法則は、数多(あまた)の人が広く知っていますが、動線計画では、どこの箇所に、どのような「重力」働いているのか、働かせるのかを考える作業ともいえます。

maeda

つまり、動線上を移動する対象に対して、機能的な「重力」をかけた動線を、低コストで目論んだ計画が、優れた動線計画といえます。

しかし、コスト・時間の限られている現場では、一度組んだ動線を、運用しながら改善し、改善前後の動線を継続的に測定&改善し続け、良い動線にたどり着くことが現実的に多いです。

ikyu

動線分析をよく知るためのコンテンツ

内容のご質問や料金体系については是非お気軽にご連絡ください

 

料金体系について

設置エリアの広さや設置済みWi-Fi の有無など状況によって価格が異なりますので、まずは下記よりお問い合わせください。

ご相談無料

0120-989-179

平日10:00~18:00

03_06_icon_mail メールでのお問い合わせはこちらから